【原因は数字が教えてくれる】

0

    さて、昨日はファーストリテイリングの数字を二期並べて見てみましたが、はっきりと良かったのか悪かったのかはわかりませんでした。

     

    売上は伸びていたのですが、営業利益は低下していました。

    営業利益が落ちているということは業績悪化と理解することができますが、果たしてそうなのでしょうか?

     

    これは『良い会社とは何なのか?』という究極の問いに答えられるかどうかなのだと思います。

     

     

    販管費の中身を見てみましょう!

    給与手当や業務委託費が増えています。賃借料や広告宣伝費も増えています。

    売上高の増加から考えるに、店舗が増えたと予想できます。

    店舗が増えたことにより人手が必要になり、店舗の賃借料や、新店舗OPENに対するチラシなどによる広告宣伝費も増えています。

     

    これは会社が良い方向に向かっているということになるのでしょうか?

     

    明日はもっと深く、ビジネスの実態に入っていきたいと思います!!

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM