【費用は早く!収益は遅く!】

0

    会計は「経営者たるものすべてのリスクを考慮した上で経営を行いなさい!」ということを言っています。

     

    例えば、製品を製造して販売している会社があるとします。この会社の製品は1年以内の修理であれば無料で受け付けています。

    通常であれば、修理が持ち込まれる度に、修理にかかる費用を計上するところですが、「保守主義の原則」に則った会計をしっかりと行う場合は、あらかじめどのくらいの確率で修理の依頼があるのかを見積もり、製品を販売したときにそれを費用として計上します。もしかするとその修理の依頼は来ないかもしれませんが、そういったリスクも考慮した上で黒字になるように経営を行うことを会計は求めています。

     

    別の会社の例を一つ。この会社は特注で機械設備を製造しています。今回も大きな機械設備の発注を受けました。契約書を交わし、いよいよ製造に入ります。売り上げの計上のタイミングは一体いつがいいのでしょうか?

    〃戚鷭颪鯆結した時、∪渋い魍始した時、5ヽ設備が完成した時、さヽ設備を発送したとき、ダ菠に機械設備が到着したとき、先方が機械設備の検収を終えたとき、さて、どれでしょうか?

     

    正解は「先方が機械設備の検収を終えたとき」になります。会計には「販売基準」と言われるものがあり、そのルールの中においてはそ于抓霆燹↓ヅ着基準、Ωー基準の3つだけが認められています。しかし、この会社のように特注で製造を行っているような場合には、若干の仕様の違いによっても手直しや追加工程が発生するリスクがありますので、Δ慮ー基準を用いることが最も「保守主義の原則」に適していると考えられるのです。 

     

     

    自社の費用や売上の計上基準を改めて見直してみて下さい! より厳しい経営ができるようになります!!

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM