【在庫は罪庫】

0

    例えば、仕入れ値が500円、売り値が1,000円の商売をしていたとします。

     

    1万個の商品を販売したとすると、売上は1,000万円、仕入は500万円となり、儲けは500万円となります。

     

     

    これは理想形で、実はこんなことは受注型ビジネスでないとありえません。

     

    例えば、2万個の商品が売れると見込んで、2万個の商品を仕入れたとします。 すると、仕入は1,000万円になります。 しかし、実際に売れたのは1万個だとすると、売上は1,000万円となり、儲けは0円になります。

     

     

    儲けは0円ですが、会計上では利益は500万円となってしまいます。

     

    欠品は絶対に避けなければいけないですが、過剰な在庫を持つことは、儲けを急激に減らしてしまします。 しかも利益が出ているので、税金は発生します。500万円の利益が出ていれば200万円程税金が発生します。儲けは0円だと思っていましたが、実は200万円のマイナスでした。

     

     

    これがキャッシュフローです。お金がない中小企業はこのキャッシュフローを重視した経営を行いましょう!

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM