【会計格差】

0

    私はよく思うのですが、どうして中小企業は会計をもっとしっかりやらないのでしょうか?

     

    大企業は、退職給付引当金や税効果を計上し、ガチガチの保守主義で厳しい経営を行っています。

    一方の中小企業と言えば、ズルズルの税務会計で、収益は上げたい放題、減価償却費なんてどこへやら。帳尻合わせの黒字経営はもはやセオリーです。

     

    大企業に作成が義務付けられているキャッシュフロー計算書。中小企業には作成は義務付けられていないので作っている会社の方が珍しい。

     

    でも、お金の心配が必要なのは大企業よりもむしろ中小企業の方なんじゃないでしょうか。

    なんで中小企業にキャッシュフロー計算書の作成を義務付けないのでしょうか。

     

    債権者保護もいいですが、やばいと思ったら逃げ出せるように仕組みを作るよりも、経営者が気づかない間にやばくならない仕組みを作る方が大切なんじゃないかと思うわけです。

     

     

    いつか中小企業が厳しく、そして正しい経営ができるように、中小企業の社長ための会計監査を行う団体なんかが作れたら、、、

    そうしたら、財務会計だけでなく管理会計行って、分析して、評価をして、計画の妥当性も検証してあげたりして、、、

     

     

    なんて、夢みたいなことをちょっと考えてみたりしています。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM