【会計をわかりやすく教えたい!】

0

    今の会計のお仕事をさせて頂くようになり、たくさんの素晴らしい本との出会いがありました。

     

     

     

    思い起こせば、私が会計士の勉強を始めたばかりのころ、「稲盛和夫の経営実学」を読み、会計の存在意義について考えさせられました。あの本との出会いによって、私は会計がわかる人ではなく、使える人になろうと思うようになりました。

     

     

    國貞克則さんの「財務3表一体理解法」や大津広一さんの「会計力と戦略思考力」、岡本史郎さんの「実学 中小企業のパーフェクト会計」を読んで、会計の奥深さと面白さを知りました。

     

     

    また、山田真哉さんの「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」や「餃子屋とフレンチはどちらが儲かるのか?」「会計の教科書」などを読んで、会計が分からない人や苦手な人にもわかりやすく楽しく教えるというものに価値があることを知りました。

     

     

    さらに、ユニクロの監査役で有名な安本隆晴さんの「ユニクロ!監査役実録」では、CFOとしての仕事を自分の体験のように感じることができ、さらに自分の進むべき道を明確にすることができました。

     

     

    そして私が最も尊敬する弊社代表の久野康成と同じくらいすごい人だと思っている古田土会計の古田土満先生が書かれた「社員100人までの会社の「社長の仕事」」という本では、中小企業のための会計事務所のスタンスが書かれていました。

    私が感動したのは、本の内容はもちろんですが、それ以上に古田土満先生の【著者紹介】で、

    『会計を理論で説明するだけではなく、自社での実践を事例として見せる、「“教える”ではなく“見せる”」というスタンスを大事にしている』ということが書かれており、私はそのコンセプトに衝撃を受けました。

     

     

    私はどうすればもっと会計をわかりやすく教えることができるだろうかと考え続けてきましたが、事例には敵いません。しかも、世の中の事例ではなく、自社の事例ほどわかりやすいものはありません。

     

    この気づきはまた私を一歩前に前進させてくれました。

     

     

    数多くの偉人たちの仕事の上に、私のような未熟な人間が仕事をさせてもらっているわけで、私も偉人たちへの恩返しと、次の世代への知恵のリレーに参加できるよう人生を懸けて挑んでいきたいと思う次第です。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM