【中小企業が大企業に勝つ日】

0

    新興国の強みは豊富な天然資源や低賃金労働力にあります。

    一方で先進国の強みとしては、最先端の技術や効率化されたマネジメントシステム、ホスピタリティあふれるサービスクオリティが挙げられます。

     

    さて、これを日本経済に当てはめたときどうなるのかと言えば、先進国が大企業で、新興国が中小企業となります。

     

    大企業には最新の設備やITの導入により効率化されたマネジメントシステムが構築され、ますます質の高いサービスの提供が可能になっています

     

    一方の中小企業はというと、新興国と同様に、相変わらずの非生産的な営業活動と工場のライン。未だにFAXの納品書の整理に追われている企業も少なくありません。

     

    この状況をいつまで続けますか?

     

    新興国と言えば聞こえはいいですが、後進国と呼ばれる国の様子を見て“この先もずっと先進国においしい蜜を吸い取られていくんだろうな”という感覚を感じたことはないでしょうか。

     

     

    この状況を変えるヒントは実は先進国の強みの中にあります。

    先進国の強みは、

    ・最先端の技術

    ・効率化されたマネジメントシステム

    ・ホスピタリティあふれるサービスクオリティ

    の3つです。

     

    資金力のない中小企業が全てを網羅することは難しいので、まずは一つを徹底してみてはどうでしょうか?

     

    狭い領域に徹底的に力を集中して差別化を図ることが、中小企業が勝つための最も有名で効果的なセオリーです。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM