【大切な人のために】

0

    自分の限界はこんなものなのか?

     

    こんなにも努力をしているのに、どうして思うような成果が出ないのか?

     

    いったいいつになったら自分の求める姿にたどり着けるのか?

     

    どんなに苦しくても、どんなに情けなくても、自分のことを信じて応援してくれている人がいる限り諦めることはできません。

    もし、自分が自分を信じなくなれば、自分のことを信じてくれている人はどうなってしまうのでしょうか?

    自分を信じないということは、自分のことを信じてくれている人を裏切ることになってしまいます。

     

    そう考えると、自分が自分のやり方に固執していることは、非常に無意味かつ自分勝手な行動とも言えます。

    自分のやり方ではなく、上手くいくやり方を考え、辛くてもそのやり方に挑戦しない限り、自分を応援してくれている人の期待に応えることはできません。

     

    一日でも早く、期待に応えていきたい。

    そう思ったら、自分の嫌なことでもなんでも絶対にやり遂げてやるという気持ちが湧き上がってくるものです。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM