会計とゲーミフィケーション1

0

    会計といえば数字です。

    財務体質や収益構造を数字でわかりやすく客観的に教えてくれるものが会計です。

     

    一方、ゲーミフィケーションも数字です。

    ゲームは数字によってフィードバックされます。

    野球でいえば、バッターなら打点数や打率、ホームラン数、ピッチャーなら勝利数や防御率、奪三振数などです。

     

     

    つまり、会計とゲーミフィケーションはとっても相性がいいということです。

     

    そして、この両者の特徴を研究することでとても重要なことが見えてきます。

     

    それは、「レコーディング」の重要性です。

    レコーディングとは自分が行ってきた行動を常に記録していくことです。このレコーディングによって、自分自身のゴールが設定でき、ゴールまでの進捗が確認でき、改善点を発見することができるようになります。

     

    レコーディングダイエットが効果的と言われるのもこのためで、レコーディングをすることでゲーミフィケーションが始まり、ゲームに没入していけます。

    ゲームに没入すると“手段と目的の一体化”が起きます。

     

    手段と目的を混同してはいけないというのが定説ですが、実は、行動によって成果を出したい時は、手段と目的を一体化させる方が効果的なのです。

     

     



    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

     

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      高橋 俊明
    • 【情報の使い方で差が生まれる】
      hamanaka

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM