「会計をインフラ化する!」

0

    私が自分の人生を懸けて実現したいことは「会計のインフラ化」です。

     

    この言葉自体はfreee株式会社の佐々木大輔CEOが以前話していたことだったのですが、私もこの言葉にとても共感して、自分自身のミッションになりました。

     

    インフラ化とは、水道の蛇口をひねれば水が出るように、会計も画面を開けばいつでも情報が見られる状態になっていることを指します。

     

    でも、私が思う会計の問題点は2つあると思っています。

     

    1つは、わかりづらいこと。

    会計は決算書や試算表の形で出てきます。

    これはシステムで言えば、コードの状態で見せられているようなもので、素人には全く解読不能です。

    でも、なぜか会計だけは、「決算書が読めなければ出世できない」みたいに、決算書や試算表が読めない人が悪いみたいな風潮があります。誰も「システムのコードが読めなければ出世できない」なんて言わないのに。これはきっと、昔の人が自分は会計が読めるけど、若い人は読めないだろ!という感じで言ったことから始まっているのかもしれないですね。

     

    とにかく、私が言いたいことは、会計をインフラ化させるためには、会計知識がない人でも、簡単に、直観的に理解できる状態にしてあげる必要があります。

    資本金というすでにないお金が載っていたり、不良在庫がたくさん溜まっていても総資産額が大きくてお金持ちな状態に見えてしまうようなものでは、会計知識がない人には使えないものになってしまうと思います。

    裏側ではもちろん貸借の仕訳が行われるのですが、表にはそれは見せず、誰でもわかる会計データを見せてあげられるようにしたいです。

     

     

    そしてもう1つは、予実になっていないこと。

    これは完全に私個人の意見ですが、予実のない会計に意味はないように思います。

    もし、今期が減収減益だったとしても、売上構成を変え、ビジネスを転換させようとした1年だったとしたらどうでしょうか。その結果が予測した計画よりも良い結果だったとしたら、減収減益だったとしてもそれはやはり良い結果なので、会計もそのように見えるようになっていなければならないと思うのです。

     

    会計において、目標達成度は非常に重要な指標であり、目標設定時のストレッチ度合いも非常に重要な指標です。

    目標があるからこそ、結果が良かったか悪かったかが判断できます。

     

     

    これらを一目で見える形に会計を発展させることこそ「会計のインフラ化」ことであり、ただ水道から水が出るのではなく、蛇口をひねればおいしく安全な水が出てくる状態にすることこそ、真のインフラ化です。

     

     

    これが私の人生の目的です。

    これから死ぬまでこのことに向かって生きていくことにします。

     

     

    でも、これは私一人では到底達成できません。

    私と同じ目的を持つ仲間と一緒にでなければ決して達成できません。

    なので、私はこれから仲間を探しに行きます。

    徹夜で「会計のインフラ化」について夢中で議論し、熱狂的にシステム開発やマーケティング、営業を一緒にできる仲間と冒険がしたいです。

     

    もし、私と同じ目的を持つ人がいたら気軽に連絡ください。

    一緒にランチでもしましょう!

    遠い方でもランチしながらwebミーテングをしましょう!

     

    お待ちしています!!

     

     


    「今を楽しむことは、先を考え尽くすこと」

    0

      将来のことを考えると不安になります。先行きは不透明で、リスクばかり。考えれば考えるほど良くないことばかりが頭の中をぐるぐる巡ります。

       

      先のことばかりを考えていてはいつも不安ばかりが先行し幸せに生きることはできません。

       

      でも、その不安ばかりの理由は、先のことを考えているからではなく、先のことを考えても不安なまま放置しておくからです。

       

      大事なことは、不安が解消されるまで、先のことをとことん考え尽くし、ここまでやれば絶対に大丈夫と思えるところまで解決策を考え抜くことです。

       

      そこまで考えた解決策ですから、あとは徹底的に実践するだけで必ず良い結果に辿り着けるはずです。

       

      そうすると、今に集中し、今を楽しめるようになります。

       

       

      今を楽しむためには、先を考え尽くすこと。

       

      経営においては、それを事業計画と呼びます。

       

      事業計画づくりとは、社長と社員が今を楽しめるようになるためのものだったのです。

       

       


      「風を受けるところに立てば、豚だって飛んでいける!」

      0

        これは中国の携帯会社シャオミ(小米技科)のCEOレイジュン(雷軍)の言葉です。

        彼は過去にキングソフト(金山軟件)という会社を香港で上場させましたが、同年に同じ香港で上場したアリババは資金調達額にして20倍、その前にナスダックに上場した同じく中国のIT企業のバイドゥにも及ばない額でした。

         

        どうしてそこまで大きな差がついてしまったのか?レイジュンは思い悩みました。

         

         

        レイジュンの出した答えは、「風を受けるところに立つこと」でした。

         

        しっかりと風向きを読み、自分が向かう方向を決めなければ遠くへは飛べない。

        どんなに一生懸命に努力をしても、その努力の方向性を誤れば、期待しているような成果は出ないということです。

         

         

        これは、自分たちが戦う市場、つまり事業ドメインを改めて見直すことを教えてくれています。

         

         

        今、自分が飛ぼうとしている方向に風は吹いていますか?

         

         

        シャオミは先日香港証券取引所にIPOを申請しました。

        設立8年にして、シャオミは公開価格100億ドル、時価総額1,000億ドルを狙っていると言われています。

        これがもし達成されると、アリババが2014年にニューヨーク証券取引所に上場したとき以来の大型案件になるそうです。

         

        すでにシャオミはスマホ出荷台数世界4位。中国国内ではシェア5位、インドではシェア1位を獲得していて、これからの市場を完全に押さえています。

         

         

        「風を受けるところに立てば、豚だって飛んでいける!」

         

         

        一匹の豚が風に乗って飛んでいきました。

         

         

        私たちの周りにも、風の当たるところはあります。

         

         


        「人生最大の大勝負!」

        0

          次の勝負はきっとあなたの人生にとって最大の大勝負になります。

          これに負ければ、あなたの事業は一気に下り坂を転げ落ちていくことでしょう。

           

          でも大丈夫。

          私たちには未来に向けて成長する力があります。

           

          この大勝負は一筋縄ではいきません。

          今のまま行けば上手くいきません。でも、新しい仲間を加え、新しい武器を身に着け、自分自身もレベルを上げていけば、必ずこの大勝負に勝てるはずです。

           

          大事なのは、今のままではなく、自分自身を変化させていくこと。

           

          ゲームの中の勇者だって、マンガの中の主人公だって、最初から強かったわけじゃない。

          たくさんの試練に打ち勝ち、少しずつ成長していった結果、大魔王を倒し、世界平和をもたらしたんだった。

           

          どういう成長の軌跡を描くのかをイメージすること。

          成長した先にある世界をイメージすること。

           

          これこそ、事業の未来を事前に描く大事な理由です。

           

           


          【夢を取り戻せ!】

          0

             

            本気でワクワクしているか?

            体がウズき、体が勝手に動き出してしまいそうな衝動はあるか?

            これこそが自分の求めていたものだという確信があるか?

            好きで好きで堪らず、寝るのも惜しいくらいのものか?

            自分の人生の全てを懸けられるものか?

             

             

            子供のころは、何の疑いもなく、毎日を夢中で生きていたように思います。

            将来に対する不安や自分の夢が叶わないんじゃないかみたいな余計な心配なんかなく、胸がドキドキしてなかなか眠れず、朝は太陽が出る前に目が覚める、そんな毎日を過ごしていたはずです。

             

             

            大人になると、世間のことが色々見えてきて、世の中の順位みたいなものが何となくわかってきて、そのうち自分の限界を自分で勝手に決めてみたりして、やりたいことを自ら狭めて「やりたいことが見つからない」とぼやいてる。

             

             

            目を覚ませ!

            人生は命懸けのゲームだ!

            子供のころのときめきを思い出せ!

            君は勇者だ!君ならやれる!

             

             

            今、あなたが取り組んでいる事業やプロジェクトをもう一度見つめ直してみてください。

            そもそもこの事業を始めた目的は何ですか?

            あなたが達成したい目標は何ですか?

            あなたが戦うべき敵は何ですか?

            このゲームのルールは?何ができて、何をしてはいけないのですか?

             

            これをすべて書き出しましょう!

            あなただけの地図を描くのです。

             

            そう、それこそが事業計画です。

            事業計画はただの資金調達のための道具ではないのです。

             

            あなたの夢の力を最大限に引き出してくれるものこそ本当の事業計画です!

             

             

            もし、あなたの事業が自分の思っていたよりも上手くいっていないと少しでも感じたなら、事業計画を作ってみてください。

            先程の質問に一つひとつしっかりと答えていってくれれば、事業計画は出来上がります。

             

            自分一人では難しいと感じたなら連絡をください。

            一緒に事業計画を作りましょう!

             

             

            最高にワクワクする毎日がまた帰ってきます!

             


            会計は数学ではなく、国語だ!

            0

              会計を数学だと思って扱った瞬間に、会計は意味を失います。

               

              会計は数字を扱うので数学だと思ってしまいがちですが、会計を数学として扱った瞬間に会計は意味を失い、ただの数字になってしまいます。

               

              会計の真の目的は分析ではなく、改善です。改善とは行動です。行動は何から起きるかというと意識の変化です。

              会計は「人を感動させる」、感じて動かすことで初めて意味を持ちます。

              だから、会計は数学ではなく、国語なのです。

               

               

              損益分岐点比率とは何か?

               

              「限界利益に対する固定費の比率」

              これは数学的回答。

              これでは損益分岐点比率を改善しようという気には全くなりません。

               

              「お金の貯まりやすさ」

              これが国語的回答。

              お金が貯まるならこの数字を良くしていきたい!そう思ってもらえますよね!

               

               


              自由度を減らせ!

              0

                 通常、量産品よりもカスタムの方がお客様にとって感じられる価値は高いものになります。スーツでも旅行でも車でも、カスタムの方が高い価格なのは、お客様が感じる価値が高いからです。

                 

                どうすれば標準化ができて、かつ、お客様にも喜ばれる商品(仕組み)が作れるか?

                 

                その答えは、商品力の向上でした。

                商品力を高めて、標準化した商品をカスタムの商品と同等の価値まで引き上げるということです。

                 

                短期の成果を求めると、カスタムのサービスの方が成果が出やすいため、お客様の言いなりになって受注をしてしまいます。

                 

                標準化とは、内部において決まったやり方によって効率的にサービスを提供することを意味しますが、そもそも、インプットが標準化されていなければ、それを標準の形に整えるところでカスタムが発生し、標準化は実現されません。

                 

                つまり、標準化とは、社内のルールを徹底することはもちろんですが、お客様にもルールを徹底してもらう必要があるのです。

                 

                カスタム化とパッケージ化の差は、言い換えると「自由度のなさ」と言えます。

                自由度を広げれば広げるほどカスタム化します。

                自由度をなくせばなくすほど標準化されます。

                標準化とは、お客様に対しても社内に対しても自由度を最小限に減らすこと。

                これを理解することが標準化にとって最も重要なコンセプトだったのです。

                 

                マクドナルドは紙で包んだハンバーガーを手で食べます。

                元々はファーストフードであってもお皿とナイフとフォークで食べていたそうです。

                 

                標準化とは、お客様の協力なしでは実現できないものです。

                これがわからないと、どんなに社内を標準化してもスムーズなラインは作れません。

                 

                標準化をするための最も重要な能力は実はお客様に対するリーダーシップでした。

                 

                 

                これに気づくことができた。あとはやるだけです。

                 


                FAST ACCOUNTING

                0

                   

                  「もし、一日が48時間だったとしたら、もっと大きな成果を残せると思いませんか?」

                   

                  私はそう思います。もっともっとたくさんの時間があったらいいのに、と毎日思います。

                  でも、時間は有限であり、誰にも平等に同じ24時間が与えられています。

                  経営においても同じで、経営者に与えられた時間は1日24時間、1週間は7日で、1ヵ月は30日です。

                   

                  しかし、実は経営者に与えられている時間は平等ではないのです。

                   

                   

                  経営において、最も大事なことは「問題発見」です。

                  問題は発見されれば必ず解決可能なものへと変わります。しかし、発見されなければ、その問題が解決されることはありません。

                  その最も重要な「問題発見」をするための機会こそが、「月次決算」であり、「月次経営会議」です。

                  この「月次決算」「月次経営会議」が毎月15日にできる会社と25日にできる会社とでは、1ヵ月の残りの日数は15日と5日の3倍の時間の差が生まれます。

                   

                  最初に、「もし、一日が48時間だったとしたら、もっと大きな成果を残せると思いませんか?」という質問をしましたが、この質問に対しては誰もがそうだと感じたと思います。

                   

                  時間とはどれだけお金を払っても増やすことのできない何よりも貴重な資源です。

                   

                  この時間を増やすことは、他の何にも代え難い圧倒的な価値があるのです。

                   

                  “Speed is Value!”

                   

                  マクドナルドは注文を受けてから30秒で商品を提供することを目標設定しています。

                  ユニクロの会社名はファーストリテイリング。「早い小売り」です。

                   

                  スピードこそ価値なのです。

                   

                  私たちは即時決算でお客様の経営にスピードを与え、経営者に時間を与えます。

                  決算関連業務を把握し、クリティカルパスを見抜き、ダイレクトに締め日に変化を起こす。

                  決算が早くなれば、早く手が打てるので絶対に利益は改善します。

                   

                  FAST ACCOUNTIG(早い会計)

                   

                  月次決算が早くなると、利益が増え、お金が貯まるのです。

                   

                   


                  善い経営は善い会計から

                  0

                     会計は経営の写し鏡。そんなことをよく言われます。

                     

                     会計は結果。そんなこともよく言われます。

                     

                     

                     会計は経営における一つのツールであり、指標であるとする考え方が一般的ですが、私はそうは思いません。

                     

                     会計を手段の一つと考える人は、会計は操作可能なものであり、会計で表したものは“ある一つの姿”だと考えます。しかし、それでは会計の意味はゼロになってしまうと思うのです。

                     

                     

                     経営には原理原則があります。価値観や考え方によって左右されるものではなく、原則として守られるべきことがいくつかあります。

                     

                     例えば、利益とは、お客様に喜ばれてこそ得られるものであり、お客様に喜ばれない利益は上げてはいけないのです。そんな利益を上げれば、その会社の評判は悪くなり、時間が経つにつれ利益はなくなっていくのです。

                     

                     

                     会計も同じです。原理原則に従い、正しい会計を行う。すると、自分の会社が原理原則に則った経営ができているかが分かるようになります。

                     

                     正しい会計とは、ただ決められた会計原則に従って仕訳を行うことではありません。企業の実態に合わせ、真にありのままの姿を現すように仕訳を行うことこそ、会計の本当の価値なのです。

                     そうすると会計は手段ではなく、目的に変わります。本当の会計ができていれば、会計の姿が良くなることが、経営全体が良くなっていることを示してくれるのです。

                     

                     

                     原理原則の経営ができると、長期と短期、外部と内部、財務と組織…、様々なものがバランスしていきます。

                     

                     まずは正しい会計から始める。それが原理原則の経営の第一歩です。

                     

                     

                     


                    一歩先の新たな戦略オプションをあなたの会社に。

                    0

                      私は3つのミッションによって、社会に「恩送り」をしたいと思っています。

                      1つ目は、世界中の中小企業の経営を今よりも改善していくことです。

                      2つ目は、AIや機械に取って代わられない人間だからできる仕事を創造することです。

                      3つ目は、会計業界を憧れの職業No.1にすることです。

                       

                      では、どうやってこの恩送りを実現するかというと、中小企業の事業承継と海外進出の最高のパートナーとなることで実現します。

                      具体的には、日本一の「クロスボーダーM&A」のサポートをします!

                       

                       

                      これから日本にはさらに厳しい経営環境が訪れます。

                      すでに訪れている3つの大きな変化があります。

                      1つはグローバリゼーション。

                      競争相手は日本国内企業だけではなく全世界の企業が相手になってきています。

                      2つ目はコンピュータリゼーション。

                      競争相手は人間だけではなく、機械やAIが相手になってきています。

                      3つ目は人口動態です。

                      企業のお客様はどこまでいっても人間です。日本ではそのお客様である人間の数自体が減ってしまっているので、どうやっても経営環境は厳しくなります。

                       

                      今後数年で、日本の就業人口は半分になると言われています。

                      言い換えれば消費人口が半分になるということです。消費人口が半分になるということは、会社の売上が半分になるということです。

                       

                      ですが、実はそうはならず、会社の数が半分になると言われています。今、なんとかギリギリの状態で踏ん張っている中小企業は大企業に飲み込まれていくということです。

                      売上の減少を補うために大企業は中小企業の顧客を奪っていきます。多くの大企業が今まで下請けに任せていた仕事を内製し始めています。その動きに伴ってM&Aの件数も加速的に増えています。

                      また、就業人口が半分になれば、採用できる人数が今の半分になります。そうなると企業は人不足になりますから、従業員を増やすためのM&Aも増えていきます。

                       

                      でも、もう気づいていると思いますが、これは小さなパイの奪い合いであって、本質的な解決になっていません。市場自体が小さくなっていっているのに、その中だけで売上を維持しようということ自体に無理があります。

                      どんなに小さな企業の経営者であっても皆、少なからずこの現実に気づいています。

                       

                      ただ、世界に打って出るための方法が分からない。英語は話せないし、海外に行ったこともない。経験もなければ資金もない。

                      外国人を雇うだけでも大変なのに、自分たちが海外に出て事業を行うなんてもっての外。

                      だからと言って、日本国内に留まっていても先はない。

                       

                       

                      私はそんな中小企業の新たな選択肢としての「クロスボーダーM&A」を本気でサポートしていきたいと思っています。

                      このサポートによって、私が最初に挙げた3つの「恩送り」も実現可能だと思っています。

                       

                      そして、東京コンサルティンググループにはそのノウハウとインフラが整っています。

                      私たち東京コンサルティンググループは世界27か国にすでに進出し、事業を展開しています。

                      自前で進出しているので、現地の情報を足で稼ぐことができます。

                      国際事業の難しさを身をもって体験し、何をどういう順番で築いていくべきかを知っています。

                      どこにも真似できない、私たちだからこそできるサポートだと思っていますし、

                      このサポートが今の日本の中小企業にとって最も価値の高いサポートだと信じています。

                       

                       

                       

                      高すぎる壁に挑戦するか?それとも座して死を待つか?

                       

                       

                      今以上に厳しい経営環境になってから海外に出るのは今以上にリスクが高まります。

                      八方塞がりになってから動き出すのではなく、まだ余力のあるうちに、いろいろな選択肢を選べるうちに、新しいことに挑戦しましょう!

                       

                       

                      中小企業にこそクロスボーダーM&A!!

                       

                      「一歩先の新たな戦略オプションをあなたの会社に。」

                       

                       

                      VCFO 高橋 俊明

                       

                       

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << September 2018 >>

                       

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 【情報の使い方で差が生まれる】
                        高橋 俊明
                      • 【情報の使い方で差が生まれる】
                        hamanaka

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM